主夫が階段をのぼります

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主夫が階段をのぼります

兼業主夫ブログ。妻との脱収入格差をめざしながら家事と子育てをしています。

結婚式の変化について元ブライダルスタッフが書いてみました(おまけ)

f:id:miyavi-worker:20170401162534j:plain

3000件近い結婚式に携わってきましたが、ぼく自身は結婚式を挙げていません。嫁さんの方も自分の年齢が気になっているようで(ぼくの6歳上)、「今さら披露宴は・・・」という気持ちがあるようです。

 

 

ぼくもアテンドする側にいたので新郎という立ち位置になるということに戸惑いと抵抗も若干ありまして、、よくみんな準備だとか挨拶だとか演出だとか実行していけるなーと尊敬をしています。

 

挙式のみorフォト婚

写真は残したいという気持ちはお互いあります。

ぼくとしては、ベタでミーハーな意見ですが身内もしくは家族でハワイ挙式が夢です。

f:id:miyavi-worker:20170401162632j:plain

それかハワイでフォト婚でもいいんです。

なんかこれは実行したい。

だからといってこんなポーズはできないけど。

f:id:miyavi-worker:20170401162319j:plain

嫁さんとの格差をなくし、しっかりした稼ぎができるようになって、ハワイに行くのが目標です。

 

そうそう、20歳~36歳の男女 約1400名のアンケートによる『結婚式を挙げる理由』があったのでご紹介です。

www.anniversaire.co.jp

 

1~3位は特にすべて当てはまるなー。特に3位の理由も分かる。どうせ披露宴するならみんなに祝福されたい!ちやほやされたい!という承認欲求がふつふつと沸きあがります。

 

さいごに

結婚式は良いものです。稀にしか悪いことは起きません。これだけ携わっても悪い方で記憶に残っているような披露宴は数件程度です。救急車を呼ばないといけないほどの出来事はそこそこありますが、結婚式の開催が危ぶまれるようなことは未然に防げたりして結果としてなかったです。本当にリア充万歳の幸せなイベントですね。

 

広告を非表示にする